8年の月日が過ぎた今

こんにちは!何時に寝ても朝6時に目覚めてしまうこの頃の HIROSHITAです。

8年前の今日、私は仕事で京都にいました。

朝から京都市内を歩き回っていて、その時間はちょうど三条大橋を渡って東に向かっていた時だったと思いますが、揺れにも全く気づきませんでした。
あとで、その時の状況を、人から聞いたり報道で知って、驚いたと同時にすごい無力感・無常観を感じたことを覚えています。

その後も、日本各地で、地震や台風、豪雨などの被害が続いています。これからも、何が起こるかわかりません。大自然をコントロールすることはできないので、災害が発生しても対応できるように、出来うる限りの防災に取り組むしかないとは思うのですが、日常生活の中で、なかなか危機意識も持てないのが現状だと思います。自然災害以外にも、事故や病気など、命は危険に常にさらされています。日頃から、“メメント・モリ”死を意識して、心を整えることが、まずは大切なことかもしれません。

さて、Jリーグでは全クラブが、東日本大震災、熊本自身、西日本豪雨、北海道胆振東部地震の復興支援活動として、「Jリーグ TEAM AS ONE募金」を実施しています。
先日3/9(土)パナソニックスタジアムでのガンバ大阪vs名古屋グランパスの試合前にも募金活動が実施されていました。私もわずかながらに募金させていただきました。

3/17(日)京都サンガF.C.vs柏レイソルでもトップチームの選手も参加して、募金活動が実施されます。こちらでも、募金させていただこうと思っています。

募金といえば、その時は社員みんなも協力してくれた「しょうへいくんに心臓移植を」募金。最初は、3億5千万円の目標金額に到達するのにどれだけの日数がかかるのだろうかと思っていましたが、このブログでもご紹介させていただいた通り、街頭での募金活動など、たくさんの方の協力のおかげもあって、既に目標金額に達して現在は渡米準備に入っているとのことです。HPの2/23報告では、テキサス小児病院に送金も完了。

無事にしょうへいくんの手術が成功することを祈るばかりです。

<今日の語縁>
人を思う強い気持ちが人を動かし、可能性の扉を開ける