桜満開!気持ちも満開!!

こんにちは、暖かくなって気持ちも随分上向きのHIROSHITAです。

満開の桜を見ていると春が来た!という前向きな気持ちになります。暖かくなってきたのも寒さに弱い私にとっては何よりうれしい!

桜は、咲いたと思ったら、すぐ散ってしまいますが、そんな可憐な姿も含めて、新しい出会いと別れの季節にピッタリですね。春がワクワクする気持ちと同時に、少し懐かしさを感じるのもそんな桜の儚さに心を重ねるからでしょうか。

しかし、最近、ほんとに花見してないです。以前は花見の機会もそれなりにあり、思い出もそれなりにあるのですが、花見をするきっかけがほんと無くなりました。初めて自分たちで花見を企画したのが高校生の時です。場所は夙川の河川敷でした。なんとなく盛り上がっていると、対岸にいた大学生グループと喧嘩になり(なんで喧嘩になったのかは覚えていません…)、私たちが対岸まで乗り込んで一発触発になったのですが、さすがに相手も大学生。こちらが高校生と分かると、拍子抜けたように落ち着かれて、いつも間にか笑顔で話をするようになって、そのまま一緒にオールナイト花見となったのでした。

その後も、大学生になってからは、いざ新入生歓迎だ、いざサークルの集まりだなどなど、花見を口実に集まったり、社会人になってからも、久しぶりの再会だ、みんなで集まろうとほとんど理由らしい理由もなく花見していました。当時花見をして円山公園、淀川河川敷、桜ノ宮などは、今でもその情景は当時と変わっていないのでしょうか。

新入社員や新入生を迎えるこのシーズン、花見だけでは無く、歓迎会も真っ盛り。先日も、食事をしたお店の2Fが貸切。近所の企業が新入社員歓迎会を実施したようで、開始時間前にはゾロゾロと大きな名札をつけたフレッシュな若人たちが笑顔満開で階段を上がっていきました。

アクティングでも、新入社員歓迎会を実施します。歓迎会の頃には、新入社員も会社に慣れてきた頃かと思いますが、カジュアルな集まりを通して、もっともっと、会社の雰囲気やノリに慣れてもらったり、今まで会う機会のなかった社員との顔合わせができればいいなと思います。そして、既存社員にとっても新入社員のみなさんの新たな一面を知る大切な機会でもあります。同じ仲間として、一緒に仕事をしていく“思い”に共感できるきっかけとして、この歓迎会も素敵な時間になりますように。

<今日の語縁>

何よりも、必要とされていると思えることが、働くモチベーションにつながる