分ち合う喜び 溢れる不安 すべて抱いて走っていこう その2

- Category -

2018年度全体ミーティングで30分のライブを披露してくれたのは京都長岡京出身で、今も京都をホームに全国でライブ活動を精力的に行っているバンド「LOCAL CONNECT」!

実はこのバンド、前身バンドをメンバーが高校1年生の時(2006年)に結成して活動を開始、
その後、2015年にドラマーがチェンジしたタイミングで現バンド名「LOCAL CONNECT」として再始動!メンバーは ISATO (Vo) 、 Daiki (Vo&Gt) 、まーきー (Gt)、 しゅうま (Ba) 、Natsuki (Dr)の5人。

今までも、たくさんのバンドのライブや楽曲に触れてきましたが、そんな中でも、このバンド、すごくいいんです!ザグッときます!
まず、メンバーがとにかく熱い!曲に込めた思いや、ステージでの伝えたい気持ちや、その言動、アクション1つ1つが、とにかく暑苦しい程に熱気を帯びています!

でも歌詞は、いわゆるがんばれソングや、単なる癒しの曲ではないんです。

自分自身のありのままの姿を認めて、つらかったら、立ち止まっても、振返ってもいいんだよと。喜びも不安も一緒に抱え込んで前に進んでいこうと。
等身大でありながら、自分に負ける事無く、未来に向かって今をつないでいこうということを、
片や伸びのあるハイトーンボイス×片や泥臭く作熱量放出する対照的なツインボーカルの叫び(歌と言うより、心からの叫びのような感じがピッタリきます)が、胸のど真ん中に剛速球で届くんです。

来てくれた時は会場の都合もあって、アコースティックバージョンでしたが、その後、彼らの主戦場となっているライブハウスを覗いてみると、
そこには、とてつもないパワー、ほとばしるエネルギー、そして涙腺注意の感動が待っていました。

今では、すっかりアクティングの非公式ソング(勝手に使ってます、LOCAL CONNECTのみなさん、すみません)として「ROAD」が、ミーティングや研修時など、頻繁に社内で流れています。

ちなみに今日2/20はLOCAL CONNECTの4周年。記念ライブがあります。
京都MUSEで記念ライブが予定されています。みなさん、是非!京都MUSEへGO!

<今日の語縁> LOCAL CONNECT「コトバとココロ」より
意味のないことだらけでいいんだよ 正解(こたえ)なんてどこにもないんだよ