ついつい伊丹空港と言ってしまう!

- Category -

こんにちは、HIROSHITAです。

先日、お迎えで大阪国際空港に行ってきました。

飛行機到着まで時間があったので、空港内をウロウロと。

本屋が無くなってしまっていたのは残念ですが、北海道アイスを食べたり、吉本新喜劇コーナーに潜んでいた“ひょっこりはん”に“びっくりはん”したり、離発着する飛行機を眺めに展望に登ったり。

いつまでも飛行機を目で追いかける親子の姿や、全く関心が無いかの如くはしゃぐ子供の声のが響く中、離陸した飛行機は、目的地となる遠い空を目指して旋回しながら上昇していきます。

ゆっくりと空の彼方へと、どんどん小さくなっていく機体と沈む夕日とのコントラスト。

飛行機が苦手な私にとっても、夕暮れ時の飛行場で、ちょっとセンチメンタルジャーニーな気分になった大阪国際空港でした。

前に、関西国際空港に行った時には、「YOUは何しに日本へ?」取材陣に遭遇したことがあります。

50歳くらいの外国人の方にインタビューされていましたが、なんでも農作物の輸入出に関する仕事をされているとかで、何度も来日されている様子でした。
日本語も堪能で、笑顔で自分の仕事のPR(?!)を一生懸命されていました。

果たしてこのインタビューは放送されたのかどうなのか、見逃したため定かではありません・・・、あしからず。

<今日の語縁> 
出会いがあるから別れがあり、別れがあるから新たな出会いがある。