本当の強さは、心にある・・・。

こんにちは!
先日、ブログに登場するGentouさんが「握力計」を買ってきて、
社内で女子社員の握力対決が始まり、「チャイナ~やってみ~」って言われて・・・
ぎゅぎゅぎゅ~っと握ったのですが、
「7キロ・・・・・」 だったチャイナです!

周りは笑いすぎ。

歩きながらチャイナの独り言、
「そらそうよ。そないあらへんよ。
もともと握力ないもん。叩くチカラはあるけどな・・・」

Gentouさんから最下位、か弱い少女って社内で発表され、
「もっと食べなさい」って言われました。
断言します。か弱くはないです!!

先週末、ずっと撮り溜めしていたテレビ番組を見ました。
よく録画するのは、芸能人、スポーツ選手、アーティスト、芸術家など他にもたくさんありますが、その方たちのドキュメンタリー番組です。
昔は、よく「最前線!警察24時」にハマっていたのですが・・・(笑)
今は、ドキュメンタリ番組で、生きてきて感じたことや苦労したこと、
感動したことなど、その人が大事にしているもこと、どうやって乗り越えてきたか、
またその方たちが影響を受けたことなど聞きながら見ると私の心が燃えるのです。
また、見ながら自然と涙が溢れだすのです。
それが、私にとって自分の力に生まれ変わり明日への希望になります。
また、必要な言葉など感じればメモします。

そして、ある番組を見て感動して涙がポロリでました。
みなさんもご存じ『八方陣内方正の黄金列伝!』が再放送されていたのですが、
武田鉄矢さんが紹介されていました。人生グラフをもとに人生を振り返ります。
海援隊のデビューから低迷が続いていましたが、母に捧げるバラードで大ブレークします。当時のフォークやニューミュージックの人はテレビに出ないのが、ひとつのプレミアム感を出していましたが、海援隊はテレビに出ていて他のミュージシャンからは見下げられていました。紅白まで出ましたがその後泣かず飛ばずで世間からも一発屋的に見られていたそうです。
その時に、アリスの事務所に誘われ起死回生して、その後は、映画やテレビで大活躍。
番組の中で、どん底だったときに、
最愛の母からの言葉を聞いて、もう涙が止まらなかったです。
金八先生のイメージが強いですが、イメージが固定しまうと「俳優」の寿命が短くなると感じて、優しいイメージと真逆の新たに「刑事物語」の脚本を書き主演をするなど、自ら動きだしたり、絶対にないと思っていた恋愛物語「101回目のプロポーズ」の
オファーがきて最高視聴率30%越えの名作になりました。
あの名セリフ「僕は死にません!あなたが好きだから! 僕が幸せにしますから!」
言ってほしいー!!!!(笑)

って語ってしまいましたが、

ドキュメンタリー番組は、
色んな人たちの生き方を知ることで自分の生きてきた器が小さいこと、
自分が自分ではなくなる瞬間を打破すること、素直なままで、
真っ直ぐな気持ちで周りがどうであれ信じ続けることや、
自分の可能性を自分で潰してはいけないことを教えてくれます。

アクティンググループには、たくさんの仲間がいます。
色々な方の話を聞いたり、教えてもらったりすることで、
意外な一面を見ることができ、相手を知ろうと興味が湧き、
相手の強さ、弱さも感じれて共感できます。

たくさんの仲間と共に一日も早くエンターテイメントを盛り上げたい!
今、どんな状況でも必ず再び大切な仲間が現場で活躍する姿を見れること、
エンターテイメントの復活を私は、信じて待ち続けます。

それでは、今日も感動瞬間を大事にする1日にしましょう!!