you’ll find a gift given to you

こんにちは、HIROSHITAです。

音楽は時代を反映すると言います。

人の暮らしや社会のあり方、科学の進歩や人類の発展など、変化する時代に沿うように、また、時代を先取りするように音楽は人々の生き様や考え方に多様な影響を与えました。

誰かと分ち合う幸せや喜び、1人で抱え込む辛さや悲しみ、どんな時もその時代に生きる人の心にそっと寄り添い、時には勇気を与えてきました。

ビートルズ「EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Years 」
ラモーンズ「END OF THE CENTURY」
YMO「プロパガンダ」
そして、また最近2本観ました。

Hi-STANDARD「SOUNDS LIKE SHIT: the story of Hi-STANDARD」
クイーン「Bohemian Rhapsody」

音楽とバンドへの、痛いほどにまっすぐで純粋な気持ち。
やるべき音楽とやりたくない音楽と本当にやりたい音楽。
バンドを売りたい人と魂まで売り渡したくないメンバー。
自分たちのことなのにコントロールできないもどかしさ。
常に追われている焦燥感に疲弊する心と身体と信頼関係。
壊れたこころを救ってくれる愛憎入り混じったメンバー。
実像と虚像が入り混じった理想と現実の狭間にいる苦悩。
バンドが生まれる縁起とバンドを続けることの因果因縁。
与えられた才能と反比例するかのような孤独感と絶望感。
本当に欲しかったのは金でも名誉でもなく愛と友と静寂。

THE SHOW MUST GO ON~音楽が音楽として人に受け入れられ、歌い継がれていくことが音楽にとって幸せなことだと感じました。

<今日の語縁> LOCAL CONNECT「想い、願い、歌う」より
大切な物なのに、失いそうになって気付く愚か者さ