まもなくリニューアル!

エンターテインメントの消えた世界の味気無さを実感しているHIROSHITAです。

世界で増々感染が加速する“コロナ”。テレビやネットのニュースで、毎日報道されています。薬局やホームセンターには、マスク、消毒、除菌スプレーなど、慢性的に売切れ状態が続いています。近所の薬局ではマスクが入荷したら、一瞬で売り切れてしまうため、店員がお客さん1人に1つずつ手渡しで販売していました。幸い、身近に感染した人がいないからか、間違いなく現実の出来事なのに、いけないことに、少しリアル感が薄れてきてしまっています。そこで、改めて気を引き締め直し。手洗い、うがいは当たり前、除菌ジェルとマスクで常に対策、そして部屋は定期的に換気して、手の触れるところにはシュッシュと除菌スプレーで消毒。
エンターテインメントも、まだ慎重な対応が求められ、延期や中止など、自粛が続いております。USJは3/29(日)まで休業期間を延長。「ゴッホ展」を再開していた兵庫県立美術館も再度休館。東京では、堂本光一主演の舞台など、いくつかの舞台が再開宣言の後に再度中止となりました。コンサートができないアーティストは、配信でライブやトークを届けたり、Jリーガーなども子供にメッセージや宿題を出したり。今だからできることをするしかない。
アクティングも、エンターテインメントが開催されていない期間はお仕事がありません。だから、今できることをするしかないという事で、チームの交流研修や、動画を使った研修などを実施。スキルアップとマインドアップ、そしてフレンドシップを図っています。また、出勤する機会がなかなか作れない社員のために在宅勤務でも対応可能なように、課題図書を読んでレポート提出をお願いしました。普段から読書の習慣のある人ばかりではないと思いますので、この機会に読書習慣を身につけて、本から学んで仕事に活かしてくれたらうれしいです。また、初の試みとして「社内プレゼン大会」も実施。「業務改善につながる提案」と「新規提案」のどちらでもOK。普段から考えていることを発表してもらう良い機会になりそうです。すでに締め切られましたが、何人かが発表したい!と自主的にエントリーしてくれました。プレゼン大会の準備も勤務時間にあててもらうようにしましたので、意義のある発表になることを期待しています。研修も読書もプレゼンも、それぞれ、今回のような状況になってでてきたアイデア。あと少しで、コロナが収束して、エンターテインメントが復活して笑顔と幸せが溢れるときが来ることを信じて、今できることをやっていきます。あと、ホームページ自体のリニューアルが水面下で着々と進んでいます。アクティングが誇るスーパーシステムプログラマーが、4月のオープンを目指して邁進中。乞うご期待!
<今日の語縁>
どうやったらできるかを考えたらアイデアはでてくる