虹は、希望への架け橋

- Category -

こんにちは、HIROSHITAです。

♪インドの山奥で 修行して・・・、の主題歌で70年代にテレビでやっていた「レインボーマン」。

七つの姿に変化(へんげ)して、超能力で敵に挑んでいくヒーローでした。

私たちには悪い奴らをやっつけるということに力を発揮することはあまり無いですが、誰かを元気にする、勇気づける、ワクワクさせる、気づかせることはできます。

自分も誰かの言葉のおかげで頑張れることもあります。

それは身近な人の何気ない言葉でもあり、ふと見たテレビでの一言でもあり、耳に残った歌詞のワンフレーズかもしれません。

耳慣れた“言葉”でも、常に揺れ動いている自分の気持ちのその一瞬に刺さって、頑張る支えになる言葉。

言葉は気持ちです。
言葉は思いです。

整った言葉や名言でなくても、気持ちの入った言葉、思いがこもった言葉は響きます。
言葉そのものに力があるのではなく、“ほんとうのこと”は気持ちから気持ち、思いから思いへとつながっていきます。

ただ、虹と同じように、発せられた言葉もはかなく消えていきます。

でも、その心に触れた瞬間は、やがて希望となり、未来へとつながっていくんですね。

<今日の語縁> 
共感とは必ずしも同意を必要とせず、共振動したお互いの心が新たな気づきを生むことである