1億円の価値

年収1億円の方は、バスケット観戦入場料無料の企画に驚いたHIROSHITAです。

野球もサッカーもオフのこの時期、冬のスポーツといえば…、今はラグビーと答える方も多いのでしょうね。

私は、花園ラグビー場の近くに住んでいるのですが、この日はラグビーでは無く“おおきにアリーナ舞洲”まで、バスケットBリーグ公式戦「大阪エヴェッサvs千葉ジェッツふなはし」観戦に行ってまいりました。

ゲストにオリックス・バファローズの昨年の“ドラ1”太田椋選手やBsGIRL、そしてバファローブルも遊びに来てましたよ。

試合はどちらも譲らぬ大熱戦。追いつき追い越されの目まぐるしい展開に、なんと2回も延長となり、その結果、惜しくも大阪エヴェッサが破れてしまいましたが、力の入るナイスゲームでした。

ところで、1億円というのは千葉ジェッツふなはしに所属の富樫勇樹選手の年俸なんですね。

日本出身者としてはBリーグ初の1億円プレーヤーだとか。
こういった実力と魅力のある選手が出てくると、今後のバスケット界にも新たな旋風がたくさん起こってくるのではないでしょうか。

さてさて、この日の企画で入場した年収1億円の方は、何人くらいいたのでしょうか…。

<今日の語縁>
大切にしたいのは相対的価値観ではなく、絶対的価値観。