光の饗宴2019スタート♪

こんにちは!!先週11/8(金)に立冬を迎えましたね。暦の上では冬。涼しくて過ごしやすい季節に心躍る Gentou です。
冬と言えば、前回も書きましたがイルミネーションですよね。
幻想的な異空間が迎えてくれる感じがワクワクして鳥肌が立ち感動している自分を感じ、周りの人を見るのが大好きです。

でも
そもそもなんで冬にイルミネーションをすることが定着したんですかね?
大きく理由は3つあるんです。

① 冬は単純にイルミネーションがきれいにみえる!!!
※冬は1年で最も空気が澄んでいる、日没が早く夜の時間が長いです

② 樹木への負担が少ない
※葉っぱが枯れているので装飾の作業がしやすく、木へのダメージも少ないです。

③ 外出を促し経済効果あり!!
※冬は寒いのでインドアになりがちですが、イルミネーションを見に行くという動機で外出を促せ、経済効果が見込めます。

ということなんです。
納得の理由ですよね。

そんな理由はあまり考えずに、この季節は御堂筋のイルミネーションを鑑賞してきました。
御堂筋沿いの樹木だけでなく、御堂筋沿いの建物もライトアップされていて、普段とは違う雰囲気をだしており、わくわく感満載で鑑賞することができました。
色も様々で、場所によって違う雰囲気を感じられて飽きずに最後まで楽しめました。
今回は車で通行しながらの鑑賞でしたが、もっとじっくり見るために、徒歩で鑑賞をしたいと思います。
【ことば】ものの見え方は想像を越えてくる