1人1人のゲストが主演のテーマパーク!

 

諸行無常の中、日々の時間を大切にしようと思っているhiroshitaです。

人には1人1人過去があって、いろんな思いや気持ちがあって、人それぞれの物事に対する見方があります。
現実に起こったことに対して、違う立場の違う性格の人それぞれが持っている「物の見方=解釈の仕方」があるんですね。
だから同じ事に対しても、なかなか意見が合わないことがあり、お互いが分かり合えないことになったりします。
そのためにシンプルなことでも複雑な問題になってしまったり、小さなことが大きな問題になったり。
でも、お互いが一緒に、その物事の本質を突き詰めていくと意外と解決できたりします。
お互いが向き合うのではなく、問題に向き合う。そして、お互いの見方の違いを理解する。そうすれば、大概の事はうまくいく気がします。

そういえば…と思って、先日、USJ内の建物のプレートを探してみました。パーク内には元々映画のセットだった建物がたくさんあるんですね。
今はいろんなジャンルのいろんなテーマのアトラクションやイベントがたくさん実施されているUSJ。でも、元は映画のテーマパークだったというノスタルジックな感じの名残が、パーク内のあちこちで散見されます。
USJの原点、その本質は映画なんですね。
エンタテインメントの映画を見失わずに、でも映画だけでは味わえないエンタテインメントで他にはない世界レベルの感動を味わえる。
USJの楽しみ方は、人それぞれの「物の見方=解釈の仕方」があるからこそ、非日常であり、五感が喜ぶことができるんでしょうね。

<今日の語縁>
小さな発見が大きな発見につながる