ものづくりと最高のサービス

こんにちは。
en+プロジェクト 杉山です。

いつも前置きが長めなので今回はサクッとスタートしましょう!!(前置きのネタがないということではないんですよ…笑)

今日はアクティンググループ社員なら必ず持っている「アレ」の裏側についてお届けしたいと思います。

◎ 全員が持っている「アレ」とは?

勿体ぶった書き方をしましたが正体はこちら。

バインダーです(通称 パワーアップバインダー)

こちらのバインダーはアクティンググループの社員全員に配布されているもので、面接や研修などバインダーが必要な場面になると、すかさず出てくる大活躍の一品。

活用しすぎてボロボロになった~!!!と言う社員のために、只今2冊目配布中です。(2冊目は希望者のみ)

 

◎ パワーアップバインダーを作ったのはなぜ?

このパワーアップバインダーが登場したのは2020年7月

社長の「7月28日にバインダーを新入社員に渡したい」の一声で制作がスタートしました。この時すでに7月10日…。

この話を聞いた時には「えー!嘘でしょ??7月末!?業者での制作に2~3週間かかるんですけど!無理、無理~」と心の中で思っていたのはここだけの話…(笑)

2020年に入った新入社員たちは、歓迎会もできず配属前の研修も在宅がメイン。なかなか集まって顔を合わせることもできない。入社式ですら感染対策の為に限られた人数、限られた時間でサクッと実施したという状況でした。

そんな中で出たバインダー制作の話。

ここで「納期的に無理です」と言ってしまうのは簡単。

でも、アクティングのミッションは「最高のサービスでエンターテインメントをサポートし人々の感動瞬間に貢献する」

「納期的に無理です」と突っぱねてしまうのは「最高のサービス」とは程遠いですよね。

最高のサービスというのは、会場でお客様に向けてはもちろんですが、それ以外にも社内でのやり取り、スタッフとのやり取り、クライアントとのやり取りなど色々な場面で、様々なものごとにカタチを変えてあらわれるもの。

会場だけでなく、事務所内での電話や来客、社員同士の会話など、常にミッションは意識していきたいものですね。

話が少しそれてしまいましたが、7月10日に作ることが決まったこのバインダー。7月28日に間に合ったのでしょうか???

まぁ、ここにこうして書いているくらいなので、お察しの方もいらっしゃるかと思いますが、結果的には業者の方の最高のサービスのおかげで間に合いました。

その節はありがとうございました。

 

◎ 実はこのバインダー…

そんな「最高のサービス」で出来上がったパワーアップバインダー。余談ですが、実はこのバインダーは2代目なんです。

初代バインダーは2018年2月に全社員に配布した「10周年記念バインダー」

製品的には同じバインダーですが、金色で箔押しされている内容が異なります。当時は納期に余裕があったので何社か見積を取り、一番対応が丁寧でこちらに寄り添ってくれる会社に発注しました。

同じ製品を扱っていても、メールや電話などの対応。「人」と言う部分で、その会社に仕事をお願いしたいかどうかは変わってきます。

当時のことを思い返して「これは私たちの仕事にも通じることだな」とふと思いました。私たちも沢山あるイベント関係の会社の中から「アクティングだから」と選んでもらうためには「人」と言う部分が大切なんです。

仕事のクオリティもそうですが、言葉づかい、表情、その人らしさ、アクティングらしさがあり「いいな」と思ってもらえるからアクティングご依頼いただけるということ。

大切にしていきたいですね。

ということで、今回はこの辺りで。
本日もご覧いただきありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。