Hello Meeting!

先日、4月に入社を迎えるメンバー(内定者)が来社し、Hello Meetingと呼ばれる内定者懇親会が行われました。

当日は、採用担当の宮本さん・坂田さん、新入社員研修を担当する古木さん、そして現在の1年目社員6名が参加。

例年、Hello Meeting(内定者懇親会)は3回。今年も入社までの間に3回実施しました。

1回目の目的はマネージャーとの距離を縮める。2回目は若手先輩社員との距離を縮める。そして3回目の今回は「入社に向けて気持ちを整える」がテーマ。

1回目、2回目と「縮めるシリーズ」だったので、3回目は一体何を縮めるのか、採用担当者の坂田さんに聞いてみたところ「入社に向けて気持ちを整える」と言うちょっといつもとは違うタイプの回答でした。

…強いて言うなら「新入社員としての自分と距離を縮める」という感じでしょうか。(無理くり縮めるシリーズに当てはめてみました 笑)

さて、今回のHello Meeting。
どんなことが行われたのでしょうか。

今回のメインプログラムは、1年目社員とのトークセッションとオリエンテーション。

トークセッションでは、1月に実施した内定者個別面談の際にヒアリングしていた「1年目の先輩社員に聞いてみたい事」をもとに、以下の4つの項目を中心に話を進めていきました。

<トークセッション テーマ>
・研修内容
・1日の流れ / 勤務日・休日
・具体的な仕事内容
・アルバイトと社員の業務の違い

内定者の皆さんは、入社日の4月1日が目前に迫ってくる中、わくわくする気持ちと同じくらい不安な気持ちもたくさんあるのではないでしょうか。

そんな時、実際に1年間「新入社員」として様々な経験をしてきた先輩たちから直接話を聞いたり、質問出来るのは心強いことだと思いませんか?

もちろん仕事なので、楽しいことばかりではありません。ただただ「楽しかった~」と思ってもらうための時間ではなく、4月以降の自分がどんな環境でどんな風に働くのかという現実的なイメージをもってもらうための時間。

ありのままに「アクティングで働く」ってどういうことなのかを知ってイメージしてもらうことは、結果、4月1日に入社することに対しての不安が和らぎ、気持ちを整えてもらうことにつながるのではないでしょうか。

オリエンテーションでは、研修担当の古木さんから4月に予定されている研修や入社後の流れなど、事前に知っておいていただきたい内容をお伝えしました。

そして、最後は4月以降の研修で使う本のプレゼントや、採用担当者からのメッセージ、事務手続きなどを行い本日は終了となりました。

合計2時間のHello Meeting
参加された皆さん、お疲れ様でした。

次お会いするのは4月1日の入社日当日。
その時にはもう「内定者」ではなく「新入社員」ですね。

入社式や入社後の研修の様子なども敏腕?ジャーナリストプロジェクト
en+がnoteやブログでお届けしていきますので今後もお楽しみに!

それでは本日はこの辺りで。
ご覧いただきありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。