心動くエンタメ

はじめまして!こんにちは!
入社3年目、テーマパークメインで担当をしている【小人】です!

名前の由来は、身長が低いから!と言うのもあるのですが、それだけでなく、チケット販売所などでよく見る、『大人/小人』の表示から貰いました。

『小人=子ども』と言うことで、『子ども心をいつでも忘れたくない!』と言う気持ちを持って使用しています!

さて、話は変わりますが、
皆さんは最近で一番関わったエンタメは何でしょうか??
テーマパーク?スポーツ観戦?ライブ??
環境が変化したとしても、エンタメに触れる機会はたくさんあったかと思います!

私がここ最近で一番触れることがあったのは、映画鑑賞です。
映画館のあの雰囲気が大好きで、1日過ごすことも苦ではありません!!

私がおすすめしたい映画を1作ご紹介します!

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と言う作品を皆さんはご存知でしょうか?
暁佳奈さんによって書かれた小説をもとにした、“京都アニメーション”制作のアニメーション作品です。

これはTVアニメが放送され、続編として映画が公開されたものです。
私は友人にお勧めされてアニメから視聴しました。
これがもう毎回涙なしでは観れない作品で、映画も5回観に行ってしまいました!!
欲を言えばもっと観たかったぐらい感動しました。

あらすじ
↓↓↓
主人公は孤児の少女、名前はヴァイオレット・エヴァーガーデンです。
彼女は戦うための『道具』として育てられ、戦うためだけに生きてきました。
そのため、人間としての感情を認識できず、自分自身が今、喜怒哀楽のどの感情なのかもわかりませんでした。

戦争が終わり、戦地で負傷した彼女が目を覚ますと、独り病院のベッドの上。
最後に残ったのは戦地での記憶と、上官が彼女に告げた言葉だけ。
しかし彼女は、その言葉が意味するものが理解できずにいました。

そんな中で彼女が出会ったのは、「自動手記人形」でした。
それは、依頼主の気持ちを言葉に代えて手紙に綴る仕事です。
その仕事をしていれば、上官が残した言葉、

―「愛している」

の意味がわかるかも知れないと、「自動手記人形」として働くことを決めます。

↑↑↑

自動手記人形として働きながら、感情を得ていくヴァイオレットの心の変化に感動します。それだけでなく、元々感情を持っていなかった彼女だからこそ使える言葉や、その言葉選びが真っ直ぐで、とても綺麗で…

そんな彼女が綴る手紙を観て、相手に気持ちを伝える大切さや、手紙だからこそ伝えられる気持ちに気付くことが出来ます。

私も手紙を書いて気持ちを伝えたい!!

そう思わせてくれる作品です。
気になった方は、Netflixで是非TVアニメから彼女の心の変化を見守って見て下さい!

以上!小人でしたー!