ACTING AWARD 2020

お久しぶりです。もうすぐ8年目のJamesです。
今年度も毎年恒例、ACTING AWARDが実施され、つい先日に発表・表彰式が行われました。

ACTING AWARDとは社内で行っている、社員同士を評価するという制度です。
詳しくはこちら↓
https://www.act-ing.jp/recruit/rec_hr_initiatives/rec-hr-init-award/

例年、総務の業務として投票の管理集計を行っていますが、今年も接戦が続いていました。
管理側の特権と言いますか、この動きを見るのは地味に楽しいです。
結果はさすがに控えさせていただきますが、受賞した方々、おめでとうございます。

そして、この発表・授賞式にはムービーを流すという習慣があります。
というよりも、アクティングでは「社内イベント」=「ムービー上映」が定番です。
そしてこのムービー、数年前から私Jamesが担当させていただいております。
最初は全て構成された通りに作っていましたが、今となってはざっくりとした構成を基に自分の演出を加えるという状態に至りました。
クオリティは置いておいて、動画を作るなんて昔は考えたこともなかったので、今の状態に、自分が一番驚いています。

映像に自信があるというわけではございませんが、仲間から「楽しみ」や「感動した」という声をいただけて、結構喜んでいたりもします。
頑張って作ったものにそういう声をもらえるのは嬉しいものですね。
それがあるからみんなのために頑張ろうと思えるので、みんなにも頑張ってもらいたい思いがある以上、こちらからの「感謝」にもっと積極的に行かないとなと、より強く感じて生きている今日この頃。

次はどんな結果になるかな~
どんなムービーを作ろうかな~